Fotografia

写真のことやその他いろいろ書き綴る

カメラ機材

メインカメラ入れ替えEOS 5Dmark3からEOS-1DXmark2へ。

仕事で使うEOSですがメインカメラを入れ替えました。
いままでのメインはEOS 5D3でしたがEOS-1DX2へ変更。やっとフラッグシップに戻ってきました。

EOS-1DX2

過去の遍歴で言うと1Dsから1D2、その後1Ds3になり1DXにしようかと思いましたが18MPがネックになり
20MPオーバーの5D3になりました。
5D3はオートフォーカスもずいぶん進化したので不満なく使ってましたが1DX2を使うと違いが如実にわかりますね・・・
EF85mm F1.2L2とかの大口径レンズの合焦率が上がりました。

EOS-1DXmark2に変えて良かった点

・フリッカーレス撮影が可能になった。
5D3までの機種はグローがあるタイプの蛍光灯下での撮影だとフリッカーが出るのでシャッター速度を結構気にしないと後処理が大変になったけどかなり軽減されているので後処理が楽。

・AFが随分進化した。
EOS iTR AFが進化しているのである程度人物や顔の認識補助が入りエリアAFにしていてもちゃんと顔にピントが来る確率が上がった。いままでだと1点AFにして毎回選択していたけどシャッターチャンスが上がった。
あと、周辺AFエリアでのピント精度もかなり高くなったと感じる。

・デュアルピクセルCMOS搭載
Movie撮影時にAFがまともに使えるようになった。
背面タッチ液晶になったので送りピントなどもかなりスムーズになった。同録しないで良い撮影ならカメラとレンズだけで結構いい絵が撮れる。(内蔵マイクだとAF作動音やIS作動音が入るため)

・シャッター音が気持ちいい
気分的な問題だけどシャッターのキレが良いので撮影していて楽しい。

上記以外にもWFT-E8Bも同時に買ったのですがいままでEye-Fiを使ってiPadに転送してたんですがどうも転送不良が有ったり、接続が解除されたりと不満でした。
さすが純正無線LANコントローラー!
不満点は解消されました、一旦電源オフからの再接続もかなりスムーズです。唯一の不満点は高いことと外付けなんで鞄にしまうとき取り外しがめんどくさいこと。
仕事で使うにはやはりこちらを使うのが良いですね。

スタジオやロケ撮影のモノブロックもProfoto D1/B1/B2を使っているので全てワイヤレスでストレスフリーです。
Profoto Air TTLもテストした範囲内では普通にTTL撮影可能でした。(2016/06/09現在メーカーではまだ対応表に入っておりませんので自己責任で)

 

-カメラ機材
-, , ,